2010年設立。演劇団体。uni(うに)と読む。拠点は東京都練馬区・江古田。

廃工場や商店街、喫茶店といった生活に近い場所での公演を積極的に行っている。テーマは様々だが、特に「食」にこだわりを持ち、パンや牛鍋など、食べ物が直接作品のテーマになることもある。

また演劇と社会をつなげることを重視し、2013年より練馬区の「まちづくり活動団体」としても活動。2014年には地域リサーチをもとに演劇製作等を行うプロジェクト「ちょいとそこまでプロジェクト」を始動。 


阿部健一 Abe Kenichi

主宰・劇作・演出

1991年生まれ、東京都練馬区出身

日本大学芸術学部演劇学科劇作コース卒業、千葉大学大学院園芸学研究科在学中。

結成より、演劇活性化団体uniのすべての公演の企画や劇作、演出を務める。演劇と社会の触れ合うところに興味を持ち、劇場に限らず工場や喫茶店、路上など空間性を重視した創作を行っている。卒業後は創作活動に加え、町を題材にした創作や小学生対象のワークショップなど、演劇を専門としない人々との企画も実施している。

uniの活動と同時に、静岡を中心に活動する集団・シアタープロジェクト静岡に運営

                       委員として参加し、地方都市での継続的な文化発信にも取り組んでいる。


齋藤優衣 Saito Yui

制作・俳優・地域窓口・宣伝美術

 

 

1990年生まれ、東京都江戸川区出身。

青少年育成のための地域活動ボランティアを12年間続けた後、日本大学芸術学部にて演劇を学び始める。在学中より練馬区・江古田を拠点に活動する、演劇活性化団体uniのマネジメントを担当。また、指輪ホテル・加藤直氏・金井ケイスケ氏の演出助手としても様々な公演に関わる。

 

<近年関わった外部公演>

2015年9月5日〜2015年9月6日 越後妻有大地の芸術祭 

指輪ホテル「あんなに愛しあったのに~津南町大倉雪覆工篇」

2015年 11月 13日 森鴎外記念館でコンテンポラリーダンスVol.3

おやつテーブル 「鴎外Girls」

2015年12月27日 年の瀬小景ス2015

2016年1月29日〜1月30日(東京公演)3月11月〜13日(札幌公演)

指輪ホテル「ルーシーの包丁 The knife in her hand」        ほか


新藤秀将 Shindo Hideyuki

企画・原案

1991年生まれ、埼玉県出身

演劇活性化団体uniに発足より参加。企画原案の作成に携わっている。

創作活動のほかに、ワークショップの立案や運営の相談役も務めている。


谷陽歩 Tani Akiho
制作・コンサルティング
1994年生まれ、神奈川県秦野市出身
日本大学芸術学部演劇学科企画制作コース在学中。
高校時代から舞台制作を志す。大学では演劇学科で企画制作を専攻、演劇だけにこだわらない舞台の企画・制作、またWSや演劇教育などの応用演劇の分野にも関心を広げる。
学内外の劇団やダンサーの公演制作に携わるほか、豊島区で行われる文化事業などに関わってきた。江古田に暮らしながら、卒業後は芸術分野の企画運営に関わる会社に就職。社会人になる予定。


矢部祥太 Yabe Shouta

俳優

1989年生まれ、福島県出身。

新劇、音楽劇、歌舞伎、身体表現、日本舞踊等、様々なジャンルの舞台に出演。

声楽を今泉一八、岡野貴子の両氏に師事。日本舞踊を花柳寿寛聖に師事。

自分の目指すべき芝居は何かを日々模索している。

 

≪主な出演舞台≫

三春アンサンブル支援会 「セロ弾きのゴーシュ」 朗読

歌舞伎・舞踊研究会  本公演 「伊勢音頭恋寝刃」 料理人喜助役

朋澤精肉店 「カルネ・ウァレ」 出演・演出助手

音楽劇 You've got mail #10「英雄からの手紙」以降の全公演に出演


山﨑明史 Yamazaki Akifumi

舞台美術

1991年生まれ、東京都世田谷区出身

日本大学生産工学部創生デザイン学科卒業、日本大学芸術学研究科博士前期課程修了。

空間デザインを学び、在学中から舞台美術として演劇活性化団体uniに所属。

卒業後 、都内公共劇場のテクニカルスタッフとして勤務。劇場での実務経験を積むとともに、 デザイン事務所「空気の隙間」を設立。舞台美術や空間デザインの依頼を受け、活動の幅を広げる。

また作家として公募展に作品を出展するなど、個人の活動も行っている。

 

≪受賞歴≫

第75回 新制作展スペースデザインミニアチュール部門 入選 

第77,78.79回新制作展スペースデザイン部門 入選

AAC アート・ミーツ・アーキテクチャーコンペティション2014 優秀賞(グループ制作)


 

沿革・活動履歴

2010年03月 結成

        俳優の串田杢弥氏を招いたワークショップ

2010-11年    日本大学藝術学部にて数回の教室公演を実施

      「観客の身体へのアプローチ」を重視し、精力的に公演活動を行なう

2011年07月 劇場オムニバス公演 「ゆめゆめ」 於:THE GUIDE

     12月 廃工場公演 uni017食虫演劇「溶かせばいい」 於:スタジオアサガヲ

2012年04月 uni018人間双六演劇「神だのみ」 於:ART THEATRE上野小劇場

     08月 シアターグリーン学生芸術祭vol.6 Tang PengBグループ参加作品

        uni020町おこし演劇「だまされたと思って」 於:シアターグリーンBASE THEATER

2013年02月 銀河ホール学生演劇祭2013参加作品

       uni021越境演劇「よかれと思って」

       於:西和賀町文化創造館銀河ホールとほっとゆだ駅一帯

     07月 公益財団法人練馬まちづくり公社よりまちづくり団体として認定

     10月 江古田ユニバース2013参加企画

       uni022町中演劇「ちょいとそこまで」 於:江古田市場通り商店街一帯

2014年 03月 uni011純愛演劇「桃源郷」 於:珈琲店ぶな

     09月 ちょいとそこまでプロジェクト①練馬区・江古田編「ナイス・エイジ」 於:江古田市場 

2015年 01月 日本大学芸術学部助手展「joshuten2014」出展作品

       阿部健一+演劇活性化団体uni「うしあり〼(試作版)」 於:日本大学芸術学部江古田校舎

     03月 「ちょいとそこまでプロジェクト❶練馬区・江古田編」記録冊子刊行

     06月 夢屋20周年記念感謝祭夢フェス参加企画「うしあり〼(那須高原篇)」 於:古民家カフェ夢屋

     07月 uni001パン演劇 於:珈琲店ぶな

     08月 「作家気分でお話をつくってみよう!」ワークショップ実施 於:小竹図書館

     12月 mr.kanso勝田台店コラボ企画 Bar演劇「気をたしかに」於:mr.kanso勝田台店

2016年 02月 とにかく江古田プロジェクト 江古田冬のパンまつり参加企画 「江古田見聞録」於:江古田駅前広場

              05月 こどもまつりin三春「三春町のゆるきゃらになろう!」ワークショップ実施 於:福島ガイナックス

      05月 金曜日のお通夜参加作品「気をたしかに」於:新宿キャッツホール

      06月 「江古田の晩餐会!たぬきたん朗読会」第一話・二話を朗読 於:FlyingTeapot

               06月 「本と音楽のリラックスタイム」出演 於:練馬区立小竹図書館

            07月 第7回せんがわ演劇コンクール出場 uni007農耕演劇「そだててたべる」 於:せんがわ劇場

            12月 こたけあそび参加ワークショップ 「つくってあそぼうパペットシアター!」 於:八雲神社

            12月 「江古田の晩餐会!たぬきたん朗読会」第九話・十話を朗読 於:FlyingTeapot

            12月 Trial/Trip uni (一週間の滞在製作企画)於:西調布・浮く基地

2017年    3月 「パノラマ」於:STスポット