齋藤 優衣/Yui Saito

デザイン・パフォーマー・保育者

1990年生まれ、東京都江戸川区出身。

日本大学芸術学部演劇学科卒業。

企画運営、広報デザインをはじめ、uniの創作を取り巻くさまざまなものごとのデザインを担う。デザインの他にも「uniのごはん会」を開くほか、小さな暮らしの営みを楽しむプロジェクトを企画し、食卓の距離感での人と人との営みを思考し、実践する。

また保育者の一面もあり、レッジョエミリアの幼児教育をモデルとした保育園にて保育者として勤める。

 

uniの外では、パフォーマーとして外部出演するほか、指輪ホテル・金井ケイスケ氏の演出助手としても様々な公演に関わる。

2014年から2017年まで指輪ホテルとアーツカウンシル東京提携事業「東京スープとブランケット紀行」にてアシスタントアドミニストレーターとして在籍。近年はアートNPOであるSLOW LABELのソーシャルサーカスプロジェクトにも関わり、specialistとして演出助手やアカンパニストとしても参加している。


主な外部出演ほか

2014-2017

東京スープとブランケット紀行(アートポイント計画/アーツカウンシル東京)@アシスタントアドミニストレーター

2015

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015『あんなに愛しあったのに〜津南町大倉雪覆工篇〜』(指輪ホテル)@演出助手、パフォーマー

2017

ヨコハマ・パラトリエンナーレ「不思議の森の大夜会」(NPO法人スローレーベル)@演出助手

2018-2019

UENOYES バルーンDAYS#2 旧博物館動物園駅「アナウサギを追いかけて」(指輪ホテル)@パフォーマー

2019

ソーシャルサーカスプログラム「ユックとリー 渦巻の世界」(NewsPicksアカデミア・NPO法人スローレーベル共催)@アカンパニスト

2019

「ぼく」(隣屋/ポップアップ店)@パフォーマー

 


デザインしたもの

主にuniの上演作品のためのメインビジュアルやロゴ、配布物のデザインを行う。当ホームページも作成。

また、上演作品によって衣裳など制作する。その他にもフライヤー、ロゴ、HPデザインやZINEの編集刊行などをさまざまな作家や自治体、事業と連携をとって行なっている。

《uniほかフライヤーデザイン》

《衣裳》

《本》